MENU

【ややこしい】違いを解説!パリパリキュー、パリパリキューライト、パリパリキューブライトアルファ、パリパリキューブ

島産業の生ゴミ処理機「パリパリキュー」「パリパリキューライト」「パリパリキューブ」「パリパリキューブライトアルファ」。

名前も似ているのでどんな違いがあるのかわかりにくいですよね。

本記事では、「パリパリキューブ」の生産終了について触れた後、3つの製品の価格、電気代、サイズ、デザイン、運転モードなどを比較します。

また、共通する機能や特徴、おすすめの選び方も紹介します。

これを読めば、あなたに合った生ゴミ処理機を選べるはず。

商品名パリパリキュー
PPC-11
パリパリキューライト
PCL-35
パリパリキューブライトアルファ
PCL-33
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

私が利用しているパリパリキューのレビュー記事はこちら。

【動画あり】パリパリキューを本音レビュー!ユーザー20人の口コミ・評判も紹介

目次

パリパリキューブは生産終了

パリパリキューブはすでに生産終了しています。

現在は後継モデルであるパリパリキューとパリパリキューブライトアルファが販売中です。

この記事では、パリパリキューとパリパリキューライト、ブライトアルファに絞って比較していきます。

パリパリキュー、パリパリキューライト、パリパリキューブライトアルファの主な違い

タイトル
商品名パリパリキュー
PPC-11
パリパリキューライト
PCL-35
パリパリキューブライトアルファ
PCL-33
価格(税込)49,500円30,360円30,360円
電気代 (目安)ソフトモード:約19円~26円
パリパリモード:約33円~約52円
※31円/kWh(税込)で計算
少なめモード:約14円~約17円
標準モード(自動停止機能):約25円~約30円
※31円/kWh(税込)で計算
節電モード(9時間運転):約15円~20円
通常モード(9時間運転):約31円
※31円/kWh(税込)で換算
おすすめの
家族構成
1~5人用1~3人1~3人
サイズ幅230×奥行270×高さ270Φ215×高さ283Φ215×高さ283
最大処理容量2.8L2.0L2.0L
最大処理量約1000g/回約700g/回約700g/回
消費電力300W150W150W
運転モード「パリパリモード」と「ソフトモード」「標準モード」と「少なめモード」「節電モード」と「通常モード」
カラーピンクゴールド、ホワイト、ブラックトリコロール、ブルーストライプ、ピンクゴールド、グレイッシュシルバー、シャンパンゴールドなどトリコロール、ブルーストライプ、ピンクゴールド、グレイッシュシルバーなど
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

パリパリキュー、パリパリキューライト、パリパリキューブライトアルファは、生ゴミを効率的に乾燥させる家庭用機器ですが、いくつかの違いがあります。

パリパリキューライトPCL-35とパリパリキューブライトアルファPCL-33の違い

パリパリキューブライトアルファPCL-33の後継機として、パリパリキューライトPCL-35があります。

価格が同じで、機能はPCL-35の方が下記のとおり優れています。

PCL-35の主な特徴と改善点を以下にまとめます:

  1. 発売時期:2023年9月
  2. 外観と基本機能:
    • PCL-33とほぼ同じ
    • 新色「シャンパンゴールド」追加
  3. 自動停止機能の向上:
    • PCL-33:節電(少なめ)モードのみ
    • PCL-35:節電モードと通常モードの両方で使用可能
  4. 処理時間:短縮
  5. 脱臭機能:活性炭使用

価格の違い

製品名価格(税込)
パリパリキューPPC-1149,500円
パリパリキューライトPCL-3530,360円
パリパリキューブライトアルファPCL-3330,360円

パリパリキュー、パリパリキューライト、パリパリキューブライトアルファの価格には違いがあります。

パリパリキューは、容量が大きい分価格が上がります。

電気代の比較

製品名電気代 (目安)
パリパリキュー
PPC-11
ソフトモード:約19円~26円
パリパリモード:約33円~約52円
※31円/kWh(税込)で計算
パリパリキューライト
PCL-35
少なめモード:約14円~約17円
標準モード(自動停止機能):約25円~約30円
※31円/kWh(税込)で計算
パリパリキューブライトアルファ
PCL-33
節電モード(9時間運転):約15円~20円
通常モード(9時間運転):約31円
※31円/kWh(税込)で換算

両製品の電気代も異なります。

パリパリキューの方がパリパリキューライト、ブライトアルファより消費電力が高く、そのため電気代も若干高めです。

なお、パリパリキューブライトアルファは、データが古いので電気代の前提が異なります。

同じ条件なら、もう少し電気代がかさみます。

サイズと生ゴミ処理容量の比較

製品名サイズ (mm)処理容量 (最大)
パリパリキューPPC-11幅230×奥行270×高さ270約1000g/回
パリパリキューライトPCL-35Φ215×高さ283約700g/回
パリパリキューブライトアルファPCL-33Φ215×高さ283約700g/回

サイズと処理容量も異なります。

パリパリキューは比較的大きめで、処理容量も多いです。

一方、パリパリキューライトとブライトアルファはコンパクトで、少量の生ゴミ処理に適しています。

運転モードの違い

パリパリキューは「パリパリモード」と「ソフトモード」、

パリパリキューライトは「標準モード」、「少なめモード」、

パリパリキューブライトアルファは「通常モード」、「節電モード」の2つの運転モードがあります。

デザインとカラーバリエーション

製品名カラーバリエーション
パリパリキューPPC-11ピンクゴールド、ホワイト、ブラック
パリパリキューライトPCL-35トリコロール、ブルーストライプ、ピンクゴールド、グレイッシュシルバー、シャンパンゴールドなど
パリパリキューブライトアルファPCL-33トリコロール、ブルーストライプ、ピンクゴールド、グレイッシュシルバーなど

デザインとカラーバリエーションも異なります。

パリパリキューはシンプルなデザインで、パリパリキューライトとブライトアルファはより多様なカラーバリエーションを持っています。

ライトにはシャンパンゴールドがあとから追加されています。

共通する機能と特徴

パリパリキューとパリパリキューライト、ブライトアルファには、いくつかの共通した機能と特徴があります。

  • 温風乾燥方式: 両製品ともに温風乾燥方式を採用しており、効率的に生ゴミを乾燥させます。
  • 静音設計: 運転音はどちらも約36dBで、静かな環境を維持します。
  • 消臭機能: 脱臭フィルターが搭載されており、臭いを抑える効果があります。フィルターの交換時期は4~9ヶ月です。
  • 運転モード: 両製品ともに複数の運転モードを提供し、ゴミの種類や量に応じて適切な乾燥を実現します。
  • 付属品: 水切りネットや脱臭フィルターが付属しており、使いやすさが考慮されています。

おすすめの選び方

パリパリキューとパリパリキューライト、ブライトアルファのどれを選ぶかは、あなたの生活スタイルや家庭の状況によります。

以下のポイントを参考にして、自分に最適な生ゴミ処理機を選びましょう。

  1. 使用頻度と処理量:
  • 頻繁に生ゴミを出す家庭: 大容量のパリパリキューがおすすめです。
  • 少量の生ゴミ処理を希望する家庭: コンパクトなパリパリキューライト、ブライトアルファが適しています。
  1. 電気代の節約:
  • 電気代を抑えたい場合: 消費電力が低く、電気代も安いパリパリキューライト、ブライトアルファが良いでしょう。
  1. 設置スペース:
  • スペースに余裕がある場合: パリパリキューは多少大きめですが、大容量で使いやすいです。
  • スペースが限られている場合: パリパリキューライト、ブライトアルファのコンパクトサイズが便利です。
  1. デザインとカラーバリエーション:
  • インテリアにこだわる場合: 多様なカラーバリエーションがあるパリパリキューライト、ブライトアルファがおすすめです。

パリパリキューがおすすめな人

パリパリキューは、以下のような方におすすめです。

  • 大家族や頻繁に料理をする家庭: 多くの生ゴミを一度に処理できるので便利です。
  • 広いキッチンを持つ家庭: パリパリキューのサイズに対応できるスペースが必要です。
  • 処理時間を気にしない方: 処理時間が比較的長いですが、その分一度に多くのゴミを処理できます。

パリパリキューライト、ブライトアルファがおすすめな人

パリパリキューライト、ブライトアルファは、以下のような方におすすめです。

  • 一人暮らしや少人数の家庭: 少量の生ゴミを効率的に処理できます。
  • スペースが限られている家庭: コンパクトなサイズで設置場所を選びません。
  • 電気代を節約したい方: 消費電力が低く、運転コストが抑えられます。

まとめ:あなたに最適な生ゴミ処理機は?

パリパリキュー、パリパリキューライト、ブライトアルファそれぞれには、特定のニーズや家庭環境に合った特徴があります。

どちらが最適かは、以下のポイントをもとに判断すると良いでしょう。

  • 大容量と高い処理能力を重視する場合:
    パリパリキューは、処理容量が大きく、大家族や頻繁に料理をする家庭に最適です。
  • コンパクトさと経済性を重視する場合:
    パリパリキューライト、ブライトアルファは、コンパクトなサイズで設置場所を選ばず、電気代も抑えられるため、少人数の家庭や一人暮らしに適しています。
  • デザインやインテリアにこだわる場合:
    パリパリキューライト、ブライトアルファは、多様なカラーバリエーションがあり、キッチンのインテリアに合わせて選ぶことができます。
  • パリパリキューライトPCL-35とブライトアルファPCL-33で迷っている場合:
    処理時間や使用状況に応じて選びましょう。PCL-35は標準モードと少なめモードがあり、PCL-33は節電モードが特徴です。

各製品の特徴を理解し、自分の生活スタイルや家庭のニーズに合った生ゴミ処理機を選ぶことで、快適なキッチン環境を実現できます。

【最終的な選択のポイント】:

  • 大家族・広いキッチン: パリパリキュー
  • 一人暮らし・少人数・コンパクトなキッチン: パリパリキューライト、ブライトアルファ
  • デザイン性重視: パリパリキューライト、ブライトアルファ
  • 電気代節約: パリパリキューライトPCL-35

ぜひ、自分に最適な生ゴミ処理機を見つけて、キッチンをより快適な空間にしてください。

\ 今すぐ公式サイトをチェックする /

\ 今すぐ公式サイトを見てみる! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次