MENU

【10番勝負】パリパリキューVSルーフェン!どちらの生ごみ処理機を選ぶべきか徹底比較

この記事では、人気の生ごみ処理機「パリパリキュー」と「ルーフェン」を価格、処理能力、使いやすさなど、10項目で徹底比較します。

どちらの製品も優れた性能を持ち、多くのユーザーから高い評価を得ています。

この記事を読めば、あなたの生活スタイルや優先事項に基づき、「パリパリキュー」と「ルーフェン」のどちらがより適しているかを判断できるはず。

効率的な生ごみ処理を実現し、より快適な家庭生活を送りたい方に役立つ情報をお届けします。


目次

パリパリキューとルーフェンと比較した総合評価

パリパリキューが優れている点ルーフェンが優れている点
乾燥処理が早い 省エネ設計 静音性が高いコンパクトなデザイン 操作が簡単 多機能対応 手入れが容易

パリパリキュー公式サイトはこちら。

\ 今すぐ公式サイトをチェックする /

ルーフェン公式サイトはこちらから。

\ 今すぐ公式サイトをチェックする /

パリパリキューとルーフェンを10項目で比較!

比較項目おすすめするサービス
価格パリパリキュー
サイズパリパリキュー
使用方法パリパリキュー
保証パリパリキュー
処理能力ルーフェン
ランニングコストパリパリキュー
運転音ルーフェン
製造国パリパリキュー
節電機能パリパリキュー
カラーバリエーションルーフェン

比較①:価格ならパリパリキューよりもパリパリキュー!

価格面では、パリパリキューがルーフェンより約25,000円も安いです。

パリパリキューの公式通販限定価格は税込41,800円、一方ルーフェンは税込66,000円です。

また、付属品のコストを考えても、パリパリキューは市販の水切りネットが使用できるため、コストパフォーマンスが高いといえます。

比較②:サイズならルーフェンよりもパリパリキュー!

サイズを比較すると、パリパリキューの方がわずかにコンパクトです。

パリパリキューのサイズは230mm(W)×270mm(D)×270mm(H)、ルーフェンは270mm(W)×275mm(D)×350mm(H)です。

キッチンスペースが限られている方には、よりコンパクトなパリパリキューがおすすめです。

比較③:使用方法ならルーフェンよりもパリパリキュー!

パリパリキューは、三角コーナーにネットを使用してそのまま投入できる簡単な使用方法が特徴です。

一方、ルーフェンはバスケットに生ごみを入れる必要があります。

どちらもボタン一つで操作可能ですが、パリパリキューの方がより簡単に使用できると言えるでしょう。

比較④:保証ならルーフェンよりもパリパリキュー!

保証期間を比較すると、パリパリキューが3年間のメーカー保証を提供しているのに対し、ルーフェンは1年間の無償保証となっています。

長期的な安心を求める方には、パリパリキューの方が魅力的です。

比較⑤:処理能力ならパリパリキューよりもルーフェン!

処理能力では、ルーフェンの方が優れています。

ルーフェンは5Lの容量を持ち、パリパリキューよりも多くの生ごみを一度に処理できます。

大家族や生ごみの量が多い世帯では、ルーフェンの方が適しているかもしれません。

比較⑥:ランニングコストならルーフェンよりもパリパリキュー!

ランニングコストでは、パリパリキューが優位です。

脱臭フィルターの交換頻度と価格を比較すると、パリパリキューは年間2,533円~7,599円、ルーフェンは年間8,536円~17,072円となります。

パリパリキューの方が1回あたりの金額も交換頻度も少ないため、長期的に見てもコスト面で優れています。

比較⑦:運転音ならパリパリキューよりもルーフェン!

運転音に関しては、ルーフェンの方が静かです。

静音性を重視する方や、夜間の使用を考えている方には、ルーフェンの方が適しているかもしれません。

比較⑧:製造国ならルーフェンよりもパリパリキュー!

製造国を比較すると、パリパリキューは日本製、ルーフェンは韓国製です。

パリパリキューは香川県のシマ株式会社が製造しています。

一方、ルーフェンは韓国のLOOFEN CO.,Ltdが製造していますが、日本の代理店が販売しているため、保証や案内は日本語で対応可能です。

「家電は日本製」にこだわりがある方には、パリパリキューがおすすめです。

比較⑨:節電機能ならルーフェンよりもパリパリキュー!

パリパリキューはPシステムを使用し、最適な乾燥状態を見極めて自動で停止する機能があります。

これにより、無駄な電気の使用を防ぎます。

ルーフェンも温度調整AIを搭載していますが、パリパリキューの方がより効果的に節電できる可能性が高いです。

比較⑩:カラーバリエーションならパリパリキューよりもルーフェン!

カラーバリエーションでは、ルーフェンの方が豊富な種類を提供しています。

インテリアにこだわりたい方や、キッチンの雰囲気に合わせて選びたい方には、ルーフェンの方が選択肢が多いでしょう。

以上の比較から、パリパリキューは価格、サイズ、使いやすさ、保証期間、ランニングコスト、製造国、節電機能など、多くの面で優れていることがわかります。

特に、コストパフォーマンスを重視する方や、日本製にこだわる方にはパリパリキューがおすすめです。

ただし、大容量処理、静音性、カラーバリエーションを重視する方は、ルーフェンも検討する価値があるでしょう。

最終的には、ご自身のニーズと優先事項に合わせて選択することをおすすめします。

パリパリキュー公式サイトはこちら。

\ 今すぐ公式サイトをチェックする /

ルーフェン公式サイトはこちら。

\ 今すぐ公式サイトをチェックする /

パリパリキューとルーフェンをおすすめする人をそれぞれ紹介!

生ごみ処理機を選ぶ際は、自分のライフスタイルや優先事項に合わせて選択することが大切です。

ここでは、パリパリキューとルーフェンそれぞれにおすすめの人を紹介します。

パリパリキューは乾燥速度や省エネを重視する人におすすめ!

パリパリキューは以下のような方におすすめです:

  1. コストを重視する人:
    パリパリキューは本体価格が比較的安く、ランニングコストも抑えられるため、経済的な選択肢を求める方に適しています。
  2. 省エネに関心がある人:
    Pシステムによる最適な乾燥制御で、無駄な電力消費を抑えられます。環境に配慮した生活を心がけている方におすすめです。
  3. 簡単な操作を好む人:
    市販の水切りネットが使用可能で、操作もシンプルなため、複雑な機械が苦手な方や高齢者の方にも使いやすいでしょう。
  4. キッチンスペースが限られている人:
    よりコンパクトなサイズなので、狭いキッチンや一人暮らしの方にも適しています。
  5. 長期保証を重視する人:
    3年間のメーカー保証があるため、長期的な安心を求める方に向いています。

\ 今すぐ公式サイトをチェックする /

ルーフェンは大容量処理や多機能性を重視する人におすすめ!

一方、ルーフェンは以下のような方におすすめです:

  1. 大容量処理を必要とする人:
    5Lの大容量で、多人数家族や生ごみの量が多い世帯に適しています。
  2. 静音性を重視する人:
    運転音が比較的静かなので、夜間の使用や騒音が気になる方におすすめです。
  3. デザイン性を重視する人:
    豊富なカラーバリエーションがあり、キッチンのインテリアにこだわりたい方に向いています。
  4. 高機能を求める人:
    AIによる温度調整や使用中の追加投入機能など、より高度な機能を求める方に適しています。
  5. 臭いに敏感な人:
    優れた消臭機能を持っているので、生ごみの臭いが特に気になる方におすすめです。

\ 今すぐ公式サイトをチェックする /

パリパリキューとルーフェンについてまとめ

パリパリキューとルーフェン、どちらも優れた生ごみ処理機ですが、特徴が異なります。

パリパリキューは、価格の安さとコストパフォーマンスの高さが魅力です。

また、よりコンパクトなサイズと簡単な操作性、効果的な節電機能を備えています。

3年間の長期保証も安心ポイントです。

一方、ルーフェンは大容量処理が可能で、使用中の追加投入ができるなど機能面で優れています。

また、静音性が高く、カラーバリエーションも豊富です。

選び方のポイントとしては、予算や省エネを重視する方はパリパリキュー、多機能性や処理能力を求める方はルーフェンがおすすめ。

最終的には、自分のライフスタイルや優先事項に合わせて選択することが大切です。

どちらを選んでも、生ごみの量を減らし、環境に配慮した生活を送ることができると思います!

パリパリキュー公式サイトはこちら。

\ 今すぐ公式サイトをチェックする /

ルーフェン公式サイトはこちら。

\ 今すぐ公式サイトをチェックする /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次