緊急指令コードブルー CVK企画課 2009/02/23 

花園ヘリ大病院



若輩のフェローに苦悩する指導医・・・



優しく見守る医院長



いつか大空を夢見るフェロー



そして悩むフェロー



ホットラインが鳴り響いた!



ウルトラマンの乗ったシャットルが墜落?!

コードブルーが発令!!



さぁ誰をドクターヘリに・・・



遂に日の目が・・・



でも様子がちょっと・・・



ありゃりゃ・・・



ガッキー医師と足手まといぴょん吉看護士、ノイハードクターがヘリに急ぐ!!

ノイハードクターはシャトル科の専門医だ!



ドクターヘリ緊急発進!!



緊張感のみなぎるコクピットでは・・

ノイハーさんパイロットもやるの?!



はたしてウルトラマン号は・・・?!



墜落現場に急ぐノイハードクター!!

あっ・・機体が!!



機体発見!!




走り寄るノイハードクター。
ローターは無事!!ということは軽傷ですんだのか?!



救出されたヘリの状態を心配そうに覗き込む花園へリスクールのメンバー



ローターは無事・・・しかし、それでもやはり墜落のダメージは確実に機体を蝕んでいた。。。

すぐさま機体回収し、手術台へ急ぐノイハードクター。




即座に患者を手術台に載せ、すぐさま患者の容態を確認したノイハードクターは、躊躇する間もなく緊急オペ開始!!

今回の緊急オペは
脚(スキッド)の骨折、尾てい骨骨折(水平尾翼破損)、背筋湾曲(リンクロッド変形)で済みそうだ!
メインマスト、スピンドル、ローターが無傷だったのは本当にラッキーだった!



墜落は不幸だが軽症ですんだのは日ごろのウルトラマンの操縦士としての訓練が幸運を呼んだのだ!

花園へリスクールのみんなが見守る中、緊急オペは無事終了!



そしてすぐさま術後のチェックをするノイハードクター。

よしよし、我ながらまた完璧なオペだった、と満足する
ノイハードクター。



そして花園飛行場はまた何事も無かったかのようにスクール生のどかな笑い声に包まれた。

それにしても何故ウルトラマン号は墜落したのだろうか・・
                        



操縦ミスでは無かったことを訴えるウルトラマン氏。

だとすると・・・



この笑いは・・!?



「そりゃ〜ウルトラマンの敵と言えば私でしょう。
 私しか いないでしょう!
 大空は私のもの。勝手な真似はさせませんよ。
 フォフォフォッ!」

                     つづく
 


[戻る]