ヘリフェスタ    2005/12/10-11

12月10日11日に尾島で行われましたMRHA主催のヘリフェスタに行ってまいりました。
今回は3Dの日本グランプリも併催され寒波吹きすさぶ中多くの観客の方が詰め掛けたのが印象的でした

写真は遠くからおいでいただいた審査員の先生方
向かって左から平森さん上田さん広岡さん

寒い中お疲れ様でした



各メーカーの出展ブースでは掘り出し物もたくさんありましたよ



グランpリ出場の瀬谷さんと助手のジョーモデルのジョーさん。
遠くの北海道からの参加でしたがなかなかすばらしい演技を披露してくれました。
私はがたがた震えていましたが
関東は暑い
といってました



機体はブラーボの91でOSのポンプつきエンジンでトルクフルな飛びでした。加えて静かでしたね



予選では惜しくも2位の伊藤選手のインタビュー。
インタビューしているのはK&Sの天野さん。

インタビューするほうもまじめでしたが答えるほうはもっとまじめ。

F3Cの世界チャンピョンの貫禄は試合のときだけ?
普段はとってもまじめな高校生という印象の伊藤選手

私がヘリの質問をしてもかなり的確な答えが帰ってくるので
インタビュアーはその辺をインタビューしても良かったかも?



今回の伊藤選手は電動のベンチャーの90クラスで出場。他の選手と比べてしまうとエンジン機のほうがパワーがありそうだったが、それは一流選手の機体と見比べるからで、一般のフライヤーの調整のエンジンと比べるとほとんど遜色ないパワーは驚きの一言!
一流の腕前もあると思うがそれにしてもすごい!
今回はF3Cの世界戦もあったことも関係すると思うが2位となったがさすがのとびでした。
参った!



京商の神谷選手は沖縄出身の苦労人
会社に入ったときにはヘリは全くのど素人で、一人黙々と練習してここまで来た人。現在は京商のヘリ部門ではなくてはならない人となった。
今回も業界関係者みんなから「いつの間にかうまくなったねー」と声が上がってました。今回は3位でしたがまたがんばってください。



しまった!上の写真が驚くほどアップだった。失敗!



こちらは今回見事チャンピョンとなりました澤村選手。四国から来た若手です年は未確認ですがたぶん19歳だと思います。F3Cでも大活躍で新旧入れ替わりがここ数年で進む予感です。機体を持っているのは助手の神谷選手同選手も今回は初の表彰台でニコニコしてました。



機体はキャリバー90でしたが、私が以前見た澤村選手の飛びとは大きく違い安定感、リズム感ともにすばらしい飛びでした。予選のあった一日目は風速10メートルに及ぶ風が吹き荒れたのですが風を全く感じさせない飛びはさすがでした



tayaエンジニアリングの山口氏は今回はtayaのヘリで出場している選手のサポートに徹していました。日本の3Dでは草分け的存在の山口氏に今後も後身の育成に尽力していただきたい。



3D以外にもF3Cの模範演技やトークショーと楽しい催し満載だったぞ

写真はファンに囲まれる泉水さん。
質問攻めにあってましたよ



インタビューを受けるドバちゃん。
以外にもまじめな答えでちょっと拍子抜け?
でも大事な事を言っていたぞ!

最近プライベートでは実車のミニサーキットでドリフトとか?



各社協賛によるオークションは以外にも大盛況
さっと手を上げてファンテックのスターターシャフトを驚き価格で落札するファンの人もいて盛り上がりました



スケールヘリもすばらしいヘリが集まりましたよ



Yaguさんのお気に入りのジェットエンジン搭載のエアーウルフ。

見所いっぱいのヘリフェスタは面白かったですよ
来年は7月の終わりごろにまた尾島でやるようです
お楽しみに


[戻る]