JRMチャレンジカップ      2005.08.28

8月28日に多摩川競艇場で開催されたJRMチャレンジカップに行って来ました。




今回は学級委員長もボート初体験でいきなりレース



出場クラスはガソリン艇のクラスですがクルーザータイプは私たち以外には一人しかいなくて、直線の速さは段違い
しかし一ヒート目はうまいレース運びで2位でしたが、
2ヒート目はブイにいきなり衝突してパイロンカットとエンジンストップでノーポイント。
3ヒート目はトラブルで出場できず
初レースとしてはぼちぼちでした。



こちらは東邦科研の佐藤さん



こちらは卸問屋の玉屋模型店の山口さん



こちらはラジコン自体が初めてのラジコン技術のとりいさん。
全くの初めてで、いきなりレース
隣の高木さんが「右、左と叫んでたぞ」

だけどそれが許されるレースで楽しいのだ。



こちらは京商の岸さん。
昔は1/8レーシングのワークスドライバー
今でもレースと聞けば腕がうずうずするらしい

今回も21クラスで2位でした
1位は同じ京商の浜崎選手。こういうときこそ上司に花を持たせなきゃナー



こちらが地球堂の高木さん。
学級委員長がブイにボートをぶつけたりしたので高木さんに修理に出しました。
今度はディスカバリーがアウトドライブの船になって帰ってきます。

うふふ
楽しみだ



インドライブの船はこんな感じで走ります

一般に見る本物の船はみんなインドライブです。



向かって左側がインドライブ艇(たぶん)右がアウトドライブ艇です。
水しぶきが大きく後ろに出ていますが、ルースターテールと呼ばれるこの水しぶきが涼しいげです。

最新のレース艇はほとんどがこのアウトドライブ式です

水と空気を一緒にかっぱいてる感じのドライブ形式で
スククリューとラダーが船尾より大きく後ろにせり出した格好になります。



アウトドライブの船です



私もボートは少し分かる程度で、解説できるほどには詳しくありません

しかしボートにはボートの魅力と楽しさがあります。
レギュレーションの範囲内なら何でありありで、
電動の小さい軽いボートに15クラスのエンジンを積んで
「15クラスに」出場する選手もいたりして楽しいです。
すると、おもいっきり速いのですがボートの安定性がないのでレース中に沈没

この日も2、30艇はレース中に沈没するということになっていましたが、完全に沈没しないように船首に発砲スチロールなどを入れて対処しておきます。

バンバン沈没する船を横目に遅いボートがヒートで優勝したりしてポイントを重ねることでクラス優勝できます。

出場して見ても良いですが見るのもかなり楽しいボートレースに学級委員長も完全にメロメロの様子でしたね。

おそらく来年の夏はみんなでボート合宿に行きそうです。

このときの様子は後日CVKより「地球堂と楽しい仲間たちレース編」として発売されます。


[戻る]