尾島パイロンレース 2005/07/24

尾島で行われましたJMPRA主催の25クラスのパイロンレースにいってきました。

当日は7月24日と絶好調に暑い時期ですが、体感としては過ごしやすい日で、最高のレース日和となりました



当日は25LAクラスと25FXのクラスに分かれましたが25LAクラスは12人でした。
その中でも、まかべラジコンクラブの人が半分以上を占めたようで、大変な盛り上がりを見せながらの6ラウンドとなりました。



25LAは基本的に初心者クラスですが、初心者なりに接戦が繰り広げられました。回を重ねるごとに更に白熱することは必至です。
なれた頃には25FXのクラスに上がってきてください。
そのときには新しい25LAクラス入門者も連れてきてね。



こちらは午前中トップのニールセン選手。
奥さんに書いてもらったドラえもんがかわいい。
レースではこちらの本番機はとっておいて予備機でレース?

壊すと奥さん申し訳ないとか・・・・・・

奥さんの愛がもたらしたのか?25LAクラスを制したのはこのニールセン選手です。



吉沢選手の機体にはお茶目なシールが・・・



これがそのお茶目なシール



根本会長も25LAクラスで大奮闘。一番の敵は暑さか?歳か?




石嶋選手の機体が空中接触?
普通に着陸してきましたが?



あらま!
尾翼がない!



予備機はきれいに塗装してある機体で
いざ出陣



この機体もきれいに塗装されていました



25LAでもやっぱり機体はきれいなほうが良いに決まってます。



ラジコン技術のアオちゃん

実は営業部長だったりする。



選手はたくさんいるけどパイロンジャッジをやってくれる人は貴重です。
ありがとう。



こちらはそれでもちょっと楽しそう



本部の皆さんもおつかれさまっす。



クーにーカンパニーの河奥さん
25クラスは参加人数が11人とやや少なめでしたが
このあとこの人がすごいレースを見せてくれる



その対戦相手がKファクトリーの小林さん。
メーカー対決か?



先行はクーニーが!



息もつかせぬ接戦が



まだ続く



接戦を制したのはKファク。
先輩に花を持たせてもいいような?????



ダブルエントリーの吉沢選手。
この後あの中條氏を抑えるというすごいレースを展開する



おそらく参加した機体の中では一番良くエンジンが回っていたと思われる吉沢機だが2ラウンド目に不幸が・・・・・・・



レース運びはやっぱりうまい中條氏。
私も参加すれば良かった。
最終的には才川パパとフライオフまでもつれ込み王者の貫禄か?才川パパに花を持たせる余裕ぶり?
8月の世界戦は是非がんばってきていただきたい。

フレー、フレーー
ちゅ・う・じょ・う



クラフトショウの佐藤さんもこのあと見せるレースをしてくれたぞ

(結果的には3位に甘んじましたが、クラフトショウの機体が表彰台は独占する形となりました。)



お相手は長野の才川さん。
ベテランの味が光る渋いレースがお得意なのだ。

(最終的にはフライオフまでもつれ込み、世界の中條と一騎打ち。
しかしそこで中條氏のまさかのパイロンカットで
「いやー今回中ちゃんには勝たせてもらいましたよ」と喜びの才川パパでした。)



序盤は才川か?



いや!佐藤機が



ん?どっちだ!



さーどっちだ!



最終周までもつれましたが佐藤機が前でした。



万全な暑さ対策で日陰を作った島崎氏。
このあとエンジンを降ろして整備したものの暑さがたたるのか?思うように回らない。

だけど今日はみんな回ってなかったぞ。



大川氏は純然たる日本人ですが



機体はアメリカン



こちらの機体はおフランスか?



私の時間切れのため途中で飛行場をあとにしましたが
午前中だけでも良いレースがたくさん見ることが出来ました。

尾島のレースは暑いぞ!

ん?

熱いぞ!

次回も暑くて熱い戦いが8月28日に開催される。
西の皆さんも遠いけど是非ご参加ください。


[戻る]