2004 RC航空ページェント in 尾島RCスカイポート

11月3日に尾島のページェントにちょこっとだけ行ってきました。30分ぐらいでドバドバと写真を撮っただけで取材にはなっていないのですがご紹介します。

まずはじめはご存知パイロンで有名な中條さん。
「おちさーんいつも見てるよー」といってくれました。ありがたいです。



ファインディグニモで登場の桜井勝さん。当日はちょっとトラブルがあったようで残念でした。



山谷良一さんのHiper Bipe



ご存知、ヒロボーが世界に誇るF3C世界チャンピョン
橋本学氏



地震で大変な中、新潟からお越しの鈴木一郎さん。機体は超大型機ムサシ。



宇都宮からお越しの小澤茂男さん。この人はいつもオリジナリティーあふれる自作スケールヘリを作っています。
今年のスケールヘリのファンの集いでも見事なヘリを披露してくれました。詳しくはオリジナルビデオ「スケールヘリの集いin安曇野」をご覧ください。



ヒューズ500Cディフェンダーを持ち込んでくれたのは
HSモデルの更井裕司さん。
見事なできばえでした



12月号の表紙にもなったセスナモデル500サイテーション1
を持ち込んでくれたのは大野忠直さん。(写真右)
隣は電動機の集いの主催者でおなじみの角倉さん(写真左)



F3Aではあまりにも有名な成家義一氏。私が会場にいる間は
プロポ管理をやっていました。地味な仕事ですが重要な仕事です。ご苦労様。



スケール飛行機の分野では有名な木元富士夫さん。今回は助手で出場ですが、氏のFA200レッドスバルを覚えている方も多いはず。



ページェントをいつも盛り上げてくれるベテランアナウンサー青木玲子さん。
今年は私と一緒にヘリフェスタの進行もやりました。
あ!そういえば春のホンダのフェスティバルでも一緒でした。



以前のラジコン技術の編集長の坪田さん。
この人が私にライターのいろはを教えてくれた人。
最初は私はパソコンが全く使えなくて、この人に教わりました。

この人との出会いが私の人生にある程度の影響を与えたのは間違いないです。



青いジャンパーの人が知る人ぞ知るIM産業の松井勲会長。
私自身は松井さんが飛行機を飛ばすのをはじめて見ました。
やたら真剣でしたよ。



ラジコン技術の編集部員の末広さん。若手ナンバーワンですね。だけど編集部員は全部で6人?



八田選手とちーむJR?パイロンではおなじみ才川親子も発見!



おなじみの零戦を持ってきてくれたのは大場信昭さん。
写真は昨年出た機体だと思うのだけど・・・エーーと?
なんだったけ?



双葉電子の鈴木貢司さん
今度、氏が設計して北西モデルから販売される
マイクロスターが当店にも入荷しますのでお楽しみにー



双葉電子の秋葉さん。
この人が意外と話すと面白い
「昨夜は太田の町で遊びましたよー」といっていたような?



5年連続F3C日本チャンピョンを取ったことのある。
ファンテックの泉水和幸さん。
泉水さんとはちょくちょく話はするのだが、
まじめなのか?そうでないのか?
スケベなのか?そうでないのか?
いまだに良く分からないのです。



双葉電子のドバちゃんでーす。
私はこの人の天然になかなか気づかず、
最初は分け分からなかったのですが、
そうと分かれば話しやすいというう感じの
吉本系のアイドルです。



ラジコン技術の営業の鳥井さんです。
時々取材にも来ます。
意外とカメラ好きなのか?編集部員よりも
よいカメラを持っていたりします。



電動もののラジコンならこの人にお任せ。
関西からお越しの今井一男さん。
今回も写真のような大型のF15(7キロほどあるらしい)をたった3本のリポで飛ばして見せてくれた。ちょっと驚きでした!



会場の入り口で新潟の地震の募金をしていたので私と神奈川ナミキ模型の西海さんの二人でわずかながらの募金をしました。被災者の皆さんにはがんばってほしいと思います。
私のお客さんの中にも被害に遭われた人が人が何人もいて気の毒です。落ち着いたらまた遊びにきてほしいと思います。

今回のレポートはいかがだったでしょうか?
ちょっと時間がなかったのでこんな感じになってしまいました

また次回のおー先生の活動日記にご期待ください。
次は尾島の飛行会か?久米仙人ラジコンクラブ訪問記のどちらかです。お楽しみにー。


[戻る]