2004ヒロボーカップ インターナショナル グランドファイナル

10月24日に岡山県は笠岡飛行場でおこなわれたヒロボーカップグランドファイナルに行ってきました。その模様をお楽しみください。



 24日が本番だったのですが、23日にお友達の模型やさんで福山ラジコンセンターによってきました。

 店長は藤岡さん。お店はお父さんが始めたのですが現在は2代目の息子さんががんばっています。
 今後もよろしくお願いします



 
 夜はホテルで関係者と選手が集まって表彰式と懇親会が行われました。

 橋本選手の3度目の世界チャンピョンと2004日本選手権優勝の功績は大きいです。



 パーティーはなかなか楽しかったですよ。

 料理もおいしかったし、なんといってもご招待でお祝いも持っていかなかったからタダで思う存分楽しんじゃいました。お土産に木でかたどったシャークももらっちゃいました



選手紹介と自己紹介などが行われましたが、そのときに社長の口から爆弾発言が飛び出した。

 今回までに6回の優勝を飾っている高山選手の優勝に限り、優勝商品を特別にイーグル3をプレゼントすると言い出した。当然高山選手はパーティーのお酒もそこそこに闘志を燃やす。



最近のラジコン関係の宴会で必ず登場するのがXRB

今回も当然XRBをつかってリボンくぐりゲームでパーティーをにぎやかすものの
壊れる壊れる・・・

皆さん普段は一流でもお酒が入るといまいちのようです。



選手の皆さんと開会式の後記念撮影。

 しかし、このとき私も含めて多くの人間が撮影側に回っている。はっきり言って記念撮影になっていない。私が撮ったやつを皆さんに配るのですが・・・・



オープニングフライトはスケール機の編隊飛行。

 さすがにメーカーのフライヤーが行う飛行は素人のそれとは違う

  うまい!



司会進行はおなじみの池上さん。上手な司会に観客の皆さんも大うけ。

 選手ものりのりで楽しかったです。



双葉、OS、サンワ、さんのブースも設置され大いに盛り上がる。

また、地元岡山のクラブがうどんや弁当、ビールなどの販売も行ってくれたので観客の方も一日遊ぶことが出来た様子。



F3Cの競技だけでなくいろいろな企画があって面白かった。

お昼には実機の編隊飛行を披露してくれた。

一日いても全然飽きないぞー



シャトルチャレンジの体験フライトは一日行われていたぞ。

それからF3Cの競技の途中にはさまれる休憩時間では場内にいる人にプレゼントが渡された。ちびっ子もには全員に飛行機のおもちゃが渡されていた。
私もほしかった・・・・・・・・



競技の合間、合間にはデモフライトがどんどん行われました。

 当然新製品の紹介やへりの3Dフライトなども披露されました。



今年のグランドファイナルは結果から言うと優勝ドイツのルディガーファイル、2位高山選手3位川口選手という順位



 
 以下グランドファイナルの結果順に貼り付けていきます。
 私のコメントが多少不適切な場合もあるかもしれませんがお許しください。


 最初に書きますがここで最後の人もその地区では一番うまい人です。
 また、永久シードの方は腕もさることながらヒロボーへの功績も認められてシード選手になっていますので、F3C日本選手権へ出場している人だけがうまいわけではないので勘違いされないようにお願いしたいと思います。

 一番目はドイツのルディガーファイル選手

 私が英語などが全くダメであまりコミュニケーションが取れないのですがカメラを向けるといつも笑顔で対応してくれる。2003年FAI F3C世界選手権4位の実力をまざまざと見せ付けた結果となった。




2番は永久シードの高山裕司選手。

 
今回グランドファイナル7度目の優勝を果たすと彼が優勝したときだけイーグル3がプレゼントされる予定だったが残念!

 付け加えるが1位の選手とはわずか5点違い。3人のジャッジがひとつの静演技に対してだけ0.5点低い点数をつけると3点です。したがって5点はかなりの僅差ですよ。



3位は昨年までJRの機体で日本選手権に出場していた川口直也選手。

 彼はまだ若くて大学生。とってもシャイで、盛り上がりすぎた2次会は彼にとってはまだなれない雰囲気だったようで気がつくといなくなっていた。今回、先に行われた日本選手権よりはるかにうまい演技を披露していただいたが、直前に黒川さんに特訓されたとか?というお話を聞きました。

 ヒロボー軍団の強さの一端を見た感じがしました。



 
 4位は関東代表の松本雅男選手。

 関東ではF3Cを広めようとがんばっている人です。
 初めての人が話しかけてもとっても優しく接してくれます。
 関東にいる人は見かけることは多いと思いますが。



 
 5位は近畿地区代表の三田香選手。

 三田さんとは以前からの知り合いで久しぶりに行き会って懐かしかったです。
 以前からうまいと思っていましたがますますうまくなっていました。



6位はイタリアのステファノルッキ選手。

 社長が周りのみんなにルッキ選手を紹介するとき、英語で話したのですが「彼はスーパーマリオと呼ばれている」と紹介したように聞こえたのだが?・・・・



7位は関東代表の猪野正彦選手。

 猪野さんは普段お仕事の関係で水曜しかお休みがないので、同じ関東でもなかなか会う機会がありませんが、行き会うと仲良くさせていただいています。



8位は関東のからの永久シード選手で岡田秀夫選手。

 岡田さんはヒロボー選手会長も勤める方で、F3C日本選手権には20年連続出場?と言っていたと記憶しています。(違ったらごめんなさい)というかたで、はっきり言ってすごいです。



9位はフィリピンのナショナルチャンピョンで、アルヴィン・アルカンターラ選手。

 この選手があのうわさの選手か?どうか定かではないのですが、ヘリの練習に行くのに鉄砲を持った人を2人護衛につけてヘリに乗って練習にいくというあのひとか???



10位は東北地区代表の高橋博伸選手。

 東北ではかなりなの知れた選手ですが、ここ最近は日本選手権から離れている様子ですが、来年こそは戻ってきてください。



11位は九州代表城島和孝選手。

 九州では有名な選手で今年も日本選手権では活躍しています。ただ残念なことに今回、話すチャンスがありませんでした。



12位は九州からの永久シードで竹森弘幸選手。

 竹森さんも九州ではがんばってヘリを普及している方で、今回少しお話できましたがとってもよい人です。



13位は永久シードの市川正文選手。

 市川さんは今回初めてお会いして、最初はちょっと怖い感じもしたのですがお話しするとめちゃめちゃ良い人です。
 記念撮影のときも私が「怒りすぎ!」なんて言ったのでいつもの笑顔を見せてくれました。



14位は韓国のナショナルチャンピョンでチェ・キョン・ヨン選手。

 チェ選手は日本語がめちゃめちゃうまくて、パーティーチーのときの自己紹介の時もハロー・・・なんて始めると場内からブーイングが・・・・
 本人もお茶目でわざとやるのですが、とってもユニークな人です。



15位は台湾のナショナルチャンピョンでホン・ジェ・イ選手。

 今回は奥様と一緒に来日されて、グランドファイナルをとっても楽しんでいるようすでした。奥様も精力的にいろいろな写真を撮っていたようです。



16位は香港のナショナルチャンピョンでユン・ジェームス選手。

 ユン選手もグランドファイナルを満喫していた感じ。残念ながら全く話は出来なかったのですが、ヒロボーの海外営業担当の小林さんが海外の選手をサポートしていたので皆さん満足そうでした。



17位は関西からの永久シード選手で森山健二選手。
 森山さんは西日本ジャイロクラブの会長さん。西日本ジャイロクラブもホームページはまめに更新していてビデオも公開しているのでご覧ください。
 森山さんもめちゃめちゃ面白くてよい人です。今回はブービー狙いだったのか?YS91エンジンもらってました。

西日本ジャイロクラブ



18位は中国地区代表の高畑収司選手。

 高畑選手はグランドファイナル初出場だったと思うのですが、前の晩にすでに勝負はつけられていた感じ。
 他の選手と飲めや唄えの楽しいひとときに完全にやられてしまった。
 でも、グランドファイナルは心から満喫した感じでした。実力は少し出せなかったようですが来年もありますし、橋本選手から特別賞もいただいたことですから逆に良かったのでは?



 


ちょっと長くなりましたが楽しめたのではないでしょうか?
ファンサービス旺盛なヒロボーさんに感謝!

最後の表彰式が終わったあともまた会場の人にプレゼント!
一日に何回プレゼントするんだろう?


[戻る]