5回 スケールヘリの集い in 安曇野


9月11日12日の両日で今年もスケールヘリの集いが行われました。今回で5回目でそのうち私は3回目を除いて全部司会をやりました。来年は参加者として楽しみたいので司会は辞退しようかな?と思ってます。



群馬県は善富雄さんのビックJETレンジャー。とにかくその大きさにはビックリ!なのだ



善さんのビックレンジャーのエンジンルーム。その心臓はゼノアの62CCエンジン。ローターはハイプロの特注ローターでマグナム1000。

ハイプロの社長であるひでちゃんのめいめいだと思いますが
「マグナム1000」というネーミングはちょっとはで?



スケール親父こと西山孝文氏。
氏の呼びかけで全国からスケールヘリマニアが集うのだが、
今回は南は愛媛県、北は岩手県から総勢70名ほどのマニアが集まった。集まった機体は全部で200機以上!
昨年はどういうわけか少し少なめだったのですけどね。



今回の開催にあたって、全面的に協力いただいた安曇野無線倶楽部の会長で嶋田佳典氏。
今回安曇野無線倶楽部のメンバーが会場設営やバーべキュウの用意、トイレ、ホテルの手配などなど多大なご尽力をいただいたことが成功の秘訣だったと思う。



スケールの集いの最大のお楽しみは前日の夜の大宴会!
趣味の合うもの同士で話が弾み、朝方近くまでなにやらラジコン談義が繰り広げられる。
この日のアルコールはハイプロの社長のおごり!
だけど話が弾みすぎてアルコールは意外と減らない?
普通これくらいの人数だったら・・・・・・
と思うのだが?
きりもなくアルコールばかりを飲み続けるのは越智家だけか?
過去に親戚が集まった席でビールだけで40ケース以上あいたという逸話が・・・・・



この日の宴会を盛り上げたのはこの人「マジシャン上杉」
次々と披露されるマジックに会場はやんやの喝采!
私はすぐそばで見ていたのでしたが、全然そのからくりは見破れませんでした。



私のコブラをみんなで直しているところ。
中央はヘリスクールのyaguさん。
おかげで本番も何とかフライトすることが出来ました。

来年はもっと良く飛ぶ機体で参加したいですね。



機体も人間もたくさん来ていたのですけど飛んだヘリは会場にあるヘリのほんの一部!
このコブラも非常に良く出来ていたのですが飛びませんでした。遠くからわざわざ来ているのに何で?飛ばさないんだろう?不思議だ???



プラモデルを電動ヘリに改造したものばかりを持ってきてくれた日野さん。
野外のため飛びはいまいちなのだが、そのスケール感は抜群!最近はリチュームポリマー電池などのおかげで数年前よりはるかに具合良く飛ぶ。



今年もCVKで当日の模様をビデオに収めてますので是非ご購入ください。
ただ当日の様子を撮っているのではなく製作者のコメント、近影なども多数収録されていますので楽しめる70分に仕上がっています。


[戻る]